最近は有り難いことに、多くの診察、手術に携わらせていただいており、なかなかブログの更新ができず申し訳ありません。。。

 

特に先日の祝日は、お天気にも恵まれたせいか、多くの飼い主様がお越しくださり、最長で5組ほどの待ち時間が出来てしまいました。

 

その時にお越しになった飼い主様の皆様には、貴重なお時間を割いて頂き、本当に申し訳なく思います。

 

「動物病院は4、5月が繁盛期」

 

去年の4月の来院数が2進法だったので、完全に都市伝説だと思っていました(笑)

 

明日からお天気が崩れるようなので、それほどお越しになられる方は多くないとは思うのですが、午前中のみの診療ですので、もしかしたら待ち時間ができるかもしれないということをご了承ください。

 

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、今回は犬の乳腺腫瘍のお話です。

 

ミニチュア・ダックスフントの8歳のコで、狂犬病ワクチンとフィラリア予防薬での来院のついでに、乳腺のしこりについて相談されました。

 

触診させていただくと、右の第5乳腺に直径1cm程度のしこりが触知できました。

 

相談の結果、手術を希望され、避妊手術も提案したところ、そちらも一緒に希望されました。

 

実はこのコには、もう1頭、1歳年上のダックスの同居犬がいるのですが、そのコが去年、子宮蓄膿症の手術を他院で受けられたとのことでした。

 

乳腺腫瘍だけの手術か、乳腺腫瘍と避妊を同時に手術するのか、体感的に飼い主様の選択は50:50くらいなのですが、今回の飼い主様は、子宮蓄膿症の怖さを体感されていたこともあったせいか、すんなりと後者を選択されました。

 

そして手術をさせていただくと。。。

 

術中の写真。

Evernote Camera Roll 20150503 212732

軽度の子宮水腫になっておりました。

 

放っておくと、将来的に子宮蓄膿症になっていた可能性が高いので、このタイミングで避妊手術をしてあげて本当に良かったなと思いました。

 

術後の写真。

Evernote Camera Roll 20150503 212755

1泊入院後、無事退院となりました。

 

1週間後、再来院され、傷口も良好でしたので、抜糸となりました。

 

抜糸後の写真。

Evernote Camera Roll 20150503 212548

お疲れ様でした。

Evernote Camera Roll 20150503 212519

心配だった乳腺腫瘍の病理検査の結果も良性でした。

Evernote Camera Roll 20150503 212529

本当に良かったです。