さて、7月になりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

熱中症になりやすい季節になりましたので、ヒトと同様、わんちゃんねこちゃんも充分に気をつけてあげてくださいね。

 

ブログを休んでいた間も、毎日診察や手術をさせていただいていたのですが、最近は陰睾のコを診させていただくことが多いなと感じます。

 

陰睾というのは、睾丸が正常な位置(陰嚢)に降りてない状態のことですが、放っておくと降りていない方の睾丸がガン化しやすいというのと、繁殖に用いると子に遺伝しやすいというデメリットがあります。

 

なので、陰睾のコには若いうちの去勢手術をおすすめしております。

 

今回は若いシェルティーのコを手術させて頂きました。

 

手術前の写真。

Evernote Camera Roll 20150702 232758

 

右側の皮下陰睾だったのですが、幸い陰嚢のすぐ近くまで降りてきていたので、1カ所の傷口から両方取り出すことができました。

Evernote Camera Roll 20150702 232821

 

術後の写真。

Evernote Camera Roll 20150702 232835

 

取った精巣。陰睾側の精巣は小さいですね。

Evernote Camera Roll 20150702 232930

 

そして、麻酔覚醒後、夕方退院となりました。

 

お疲れさまでした。

Evernote Camera Roll 20150702 232737